マジックミラー女子寮〜視姦られてないから、気持ちイイこといっぱいシよ? (1)

この記事は約1分で読めます。

間々田キキ

「視姦(み)られてるかもしれないのに、気持ちよすぎてイッちゃうぅ!」

消えた両親が残した借金返済のため、
北大路学園の女子寮の用務員になった咲太。

部屋の片付けに疲れて眠ろうとしていたら、
壁の向こうから光が差し込んでいるのを見つけた。

掛かっていたカーテンを開けると、目の前に下着姿の芽衣が!?
ごめん!と言うが、芽衣は気づいた様子がなく、マジックミラーだと気づいた。

興奮した咲太は芽衣の部屋に入り押し倒すが、芽衣はまんざらでもなさそうで─
ぎゅうぅっと締め付けるアソコが気持ちよすぎて逝くっ…て時に
マジックミラーの向こうから寮母さんの声が聞こえてきて!?

ヤバイ…視姦られてるかも…でも、もう止められないッ!!

※この作品はガチコミVol.113に収録されている作品の単話配信です。

★「マジックミラー女子寮〜視姦られてないから、気持ちイイこといっぱいシよ? (1)」の公式サイトはこちら↓







マジックミラー女子寮〜視姦られてないから、気持ちイイこといっぱいシよ? (1)

タイトルとURLをコピーしました